ビジネス 就職活動 ホームページ マニュアル 調べる 書籍 大学生" />
So-net無料ブログ作成

就職活動で内定を勝ち取る秘訣3「下準備」 [採用試験合格マニュアル]

面接を受ける会社の下調べをし、面接官との距離を縮め共感を得る、就職活動で内定を勝ち取る必勝法、注意点は何なのか?



▼下準備
面接を受ける会社の情報を事前に調べておくことは常識の範囲
書店でその業界の本とか、業種に関するビジネス書籍を
最低でも1冊は読んでおく。



まだ勤めると決まってもいない会社をそこまでして
調べるのか?と聞こえて来そうですが、
そうです、調べるのですよ。



まず、「決まってもいない会社」
と認識していることがすでに問題なのですよ。



あなたはそんなに就職活動が好きですか?
他の会社の面接にも行きたいのですか?
採用試験、面接なんて1回で決まれば
そんなに嬉しいことはないのでは・・・。



だから、これから挑む会社に対して100%の力を
発揮しないといけないのですよね。



ならば、「この会社しか無い」
「後は無い」と言うくらいの気持ちで
挑んで欲しいのです。
そうしないとハッキリ言います。
「あなたは他の人に負けます。」



これをやるとやらないでは大きな差が生じます。
面接官はその業界の人です。あなたは大学生です。
そうでなくても常識が違う双方が話をして
お互いに共感を持てる会話が成り立つ訳がありません。



面接官は大学生の気持ちをよーく知っています。
しかし、あいにくですが、この場では歩み寄ってくれません。



あなたから積極的に会社に興味が有ることを
伝えなければ誠意も伝えることが出来ません。



その為には本の1冊くらい惜しくないと
思って欲しいのです。



ここで1つ大切なこと!
あなたが業界のことや会社の事をよく調べ
詳しくなったとしても、決してそれを自慢げに話したり
知ったかぶりをしてはいけません。



「たいして知りもしないくせに、なんだこの態度は・・・」
と面接官に思われたら終わりです。



あくまでも、まだまだ解らないことがたくさん有る。
ホームページも見させて頂きましたが、まだ解らない点が
多く、知りたい事がいっぱい有ります。



言わなくてもいいのですが、こういう姿勢が大事です。

⇒ 就職活動で内定を勝ち取る秘訣1「服装について」 
⇒ 就職活動で内定を勝ち取る秘訣2「面接の受け方」



⇒ 就職活動完全攻略マニュアル



共通テーマ:求人・転職
海外ドラマコンテンツ
Copyright (C) 2011 仕事・就職・ビジネススキル All Rights Reserved
キャッシングリファレンス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。