リラックス 椅子 就職活動 マニュアル 大学生" />
So-net無料ブログ作成

就職活動で内定を勝ち取る秘訣2「面接の受け方」 [採用試験合格マニュアル]

採用試験の面接を受ける方法として、面接官に好印象を与える秘策が有るのか、ライバルに差を付ける面接必勝法!知っておきたい面接の受け方、礼儀作法!



▼声
大きな声でハッキリと。
少し大き過ぎるかな?
と自分が思えるくらいが本当は丁度いいのです。
あなたが普通に話す声の大きさでは、
面接会場では小さく聞こえるからです。



物事には限度があります。限度を超えると嫌われますよ。



質問を受けてから、答えを言うまでが異常に長い人がいます。
慎重に答えを探していることは分かります、
面接官も人の良い人たちでじっと待ってくれます。



でも、鈍い人の印象を与え、マイナス点は避けられません。



▼態度

・面接会場に入る時

ドアを閉めてから一礼
「こんにちは、○○です。」
「宜しくお願いします!」



面接官があなたの座る椅子を示す。
「はい」(了解した意志表示)



席の前に立つ
座っていいよと言われるまで勝手に座らない。
座っていいよと言われたら
「失礼します。」といってから座る。



座る姿勢も大事、背筋を伸ばして深く腰掛ける。



女性は両膝を付ける、隙間を空けない。
男性は適度に空けてリラックス姿勢をとる。
決してくっつけてはいけない。
開き過ぎてもいけない。



男性が膝をくっつけると女性っぽく見られる。
開き過ぎると威張った横柄な態度と見られる。
脚の膝の角度だけでもその人の性格を読みとられる。
気を付けよう。



面接官とのやり取りが始まるが、
最低限必要な事は敬語を使うこと
大学生は敬語を使い慣れていないので
ある程度は仕方ないと理解してくれる。



でも、自分で気がつけば訂正して言い直す。
そうすると好感度がアップする。



面接官は「こいつ頑張ってんな」と
一生懸命さを買ってくれるのです。



退席時は必ず「ありがとうございました。」



ドアの前で振り向き
「失礼します。」と一礼する。


⇒ 就職活動で内定を勝ち取る秘訣3「下準備」
⇒ 就職活動で内定を勝ち取る秘訣1「服装について」




就職活動完全攻略マニュアル
就職活動完全攻略マニュアル


海外ドラマコンテンツ
Copyright (C) 2011 仕事・就職・ビジネススキル All Rights Reserved
キャッシングリファレンス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。