キレイ 腰痛 転職 味わい 教材 自動車 資金 株式会社 運営 電子書籍" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

新規就農マニュアル【農業転職法】 詳細 レビュー [スキル・能力開発]

昨今、中高年から若者まで農業に興味が有る方が増えています。
しかし、専業農家として成功できる人はほんの一部の人だけです。
8割から9割の人は失敗に終わってしまいます。なぜでしょうか?


新規就農マニュアル【農業転職法】
⇒ さっそく公式サイトへ行ってみる>>



最大の原因は情報不足です。
就農に関する「失敗」の知識が無いままチャレンジし、今までの
新規就農者と同じような失敗を繰り返してしまうのです。




あなたが農家になりたいと思い、数百万円の資金を用意し、何十冊
もの本を読んで、栽培方法もしっかり勉強して、準備万端の上で就農
しようとしても・・・・。たぶん失敗します。本当に必要なことをしていないから。




もしあなたが、すでに新規就農に向けて準備をされているなら、お分かり
いただけると思いますが、新規就農の実態がわかり、就農に向けて
後押しをしてくれる情報がいかに少ないか、目のあたりにされている
のではないでしょうか。




このマニュアルは多くの新規就農者に協力の元、現在の実情に合った
「新規就農マニュアル」に仕上がっています



総計1,136ページの電子書籍「農業転職法」30人の新規就農者に
よる成功と失敗の物語。




もしよろしければ無料なので試してみてください。
【5日間無料メール講座】
1日目・・・農業が起業に向く3つの理由
2日目・・・新規就農者が有利なこと
3日目・・・新規就農者が不利なこと
4日目・・・100万円の価値ある17文字
5日目・・・やってやれないことはない
⇒ ご希望の方はこちらへどうぞ!>>




他にもまだ有ります。【農業起業塾】
農業を目指す方々に、真に役立つ情報提供を行うことを目的としている
農業起業塾は、知識セロ・経験ゼロから新規就農を目指す皆様を応援
しています。




◆このマニュアルは、こんな人に向いています。
・農業に興味があり、自分もやってみたいと思う
・自然や植物が好き
・都会の生活にうんざりしている
・起業したいがセールスは嫌いだ
・心豊かな生活がしたい

・自分の時間を大切にしたい
・健康的な仕事がしたい
・旅行へ行ける時間がほしい
・お金はそこそこ生活ができればよい
・お金より、人としての自由な時間がほしい

・会社にうんざりしている、(運営面、人間関係)
・企業戦士は向いていない、又は卒業したい
・人と話すより自然と対話する方が好き
・空気のキレイなところで生活がしたい
自動車のエンジン音より、小川のせせらぎ小鳥の声

・めだかやカエル、お玉じゃくし、アメンボウが好き
・体力には自信がある
・四季の変化を体で味わいたい
・田舎の人とのんびり話をしたい
・タイムカードで管理されたくない




実は、私(管理人)も5年前に新規就農しました。
現在、桃の栽培、マスカット、柿、稲を生産しています。
このマニュアルは大変参考になりました。
でもやっぱり、腰痛は避けられませんね。(笑)




農閑期の時間が空いた時にネットビジネスでの副収入も楽しいですよ。




◆商品名 >> 新規就農マニュアル【農業転職法】
◆サービス方式 >> ダウンロード販売(PDF等のデジタルコンテンツ)
◆販売者 >> ハイナレッジ株式会社
◆著者 >> 加藤のどか
◆購入方法 >> クレジット決済 / 銀行振込 / コンビニ決済
◆販売内容 >> 電子書籍マニュアル(1,136ページ)
◆価格区分 >> 5,000円以下
◆お問い合わせ先 >> 公式サイトのお問い合わせフォームより
◆詳細ページ >> 新規就農マニュアル【農業転職法】




農業に興味が有る方はぜひ読んでもらいたい教材です。
現実は甘くない! を、目の当たりにされるでしょう。
しかし、それより怖いのは「何も知らずに始める」ことです。




新規就農マニュアル【農業転職法】
⇒ 詳細はこちらです >>



⇒ 他の農業教材を探したい方はこちらの【検索窓】に「農業」と入れて下さい。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマコンテンツ
Copyright (C) 2011 仕事・就職・ビジネススキル All Rights Reserved
キャッシングリファレンス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。