人材 ニュース 人間関係 転職 花嫁 就職 ショッキング アンケート 社長 新入社員" />
So-net無料ブログ作成

若手社員の半数が「出世したいと思わない」!なぜ? [雇用・労働問題]

若手社員の半数が「出世したいと思わない」!なぜ?

今回はわりとショッキングなニュースを取り上げよう。
会社に勤める若手社員の意識調査とでも言いましょうか、
アンケートの結果発表が「毎日コミュニケーションズ」で行われた。

その結果をかい摘んでご紹介しますと、


対象は
①入社2~5年目の若手社員
②2011年4月入社予定の内定学生



◆質問1、「どこまで出世したいか

①入社2~5年目の若手社員
 ・「出世したいと思わない」48.1%

②2011年4月入社予定の内定学生
 ・「部長・プロデューサーまで」27.3%
 ・「役員まで」22.0%
 ・「社長まで」14.0%
 ・「課長・ディレクターまで」10.7%
 ・「主任・係長まで」10.3%
 ・「出世したい」合計84.3%

◆質問2、「働くことへのモチベーションは?
①入社2~5年目の若手社員
 ・「非常にある」7.8%
 ・「まあまあある」47.4%
 ・「ある」合計55.2%

②2011年4月入社予定の内定学生
 ・「非常にある」46.0%
 ・「まあまあある」44.3%
 ・「ある」合計90.3%

◆質問3、「会社への愛社精神について
①入社2~5年目の若手社員
 ・「非常にある」5.1%
 ・「まあまあある」39.9%
 ・「ある」合計45.0%

②2011年4月入社予定の内定学生
 ・「非常にある」30.0%
 ・「まあまあある」51.0%
 ・「ある」合計81.0%

ここ3年間この意識結果は変わっていないそうだ。
あなたはこのデータをどう分析しますか。


冒頭でシュッキングなニュースと申し上げたのは、
若手社員の意識が自分に置き換えてみて、
あまりにも格差が有ったからです。


どうしてここまで出世意欲や愛社精神が下がってしまうのか?
残念でなりません。


私が入社した当時、何を考えていたのか思い出してみました。
独身の私はこれから築くであろう家庭のために、
これから迎え入れる花嫁のために、すなわち幸福な家庭を築くために
一心不乱、忠誠を尽くし会社に貢献し、自分も出世する。


そして、所得を最大限に増やすことを考えて働いていました。
ただし、それはバブル崩壊直後の時代の話です。
まだ、そんなに経済が落ち込んでいない時期ですが、
バブルの恩恵は受けていませんでしたね。


そんな時代の話は今に当てはまらないと思いますが、
経済がどうあれ自分(男)に課せられた責任は今も昔も変わらないと
思っているのですが、どうなんでしょう。


記事の続きに話を戻しますが、希望をもって入社して来た新入社員が
現実の仕事内容、所得の低迷、人間関係、上司の言動、会社の展望、
政治の方針、日本経済の行くへ、・・・etc.


すべに関し、希望を持てなくなって幻滅しているのかも知れない。
会社や社会に対して厳しさを知り、自信を無くした学生も中には
居るだろうけど、すくなくとも会社の範囲で打つ手がないものかと
懸念させられる。


今回のデータが物語るように、せっかく”やる気”を持って
入社して来る新入社員をわざわざ”やる気の無い”社員にしてしまう
会社の体質や人材育成に問題があると指摘している。

人材育成
人材育成



◆関連記事
今の会社に見切りをつけ転職、再就職を考えるならこちらのページ
>> 転職、再就職に成功する秘訣とは?

 


コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマコンテンツ
Copyright (C) 2011 仕事・就職・ビジネススキル All Rights Reserved
キャッシングリファレンス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。