うつ病 転職 群馬 落とし 介護 支払い 訴訟 経理 弁護士" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

月230時間の残業で自殺を労災として認めた! [雇用・労働問題]

労災が認められて良かった、中間管理職・役職のあなたも気を付けてくださいね。
今回はこんな記事を取り上げてみました。
月230時間の時間外労働で自殺…労災と認める (読売新聞)


月に約230時間の時間外労働によってうつ病となり、自殺
したとして、
群馬県桐生市の介護サービス会社の元部長(当時43歳)の遺族が、
同社などを相手に損害賠償を求めた訴訟で、
前橋地裁(西口元裁判長)は29日、自殺を労災と認め
同社に約6600万円の支払いを命じた。>>精神障害等の労災認定のしくみ


判決によると、元部長は2003年10月に財務経理部長に就任。
04年の事業規模拡大で仕事量が大幅に増え、1ヵ月の時間外労働は
最大で約230時間に達した
その後、元部長は肉体的、心理的負担から、うつ病を発症し、04年8月に自殺した


同社は「弁護士と協議し、今後の対応を検討したい」としている。
-------記事はここまで-----


それにして、もすごい残業時間ですね。
1ヶ月を25日勤務で計算しても、1日当たり9時間の残業ですよ。
PM5時が定時なら夜中の2時まで仕事をさせられていたことになる。


管理職や役職を付けられると、やらなきゃいけない気持ちになるんですが、
それが会社の狙いで、本人もこの仕事しかないと思い込むのですね。


仕事は生活の手段で有って、最終目的では無いのです、
体壊して何になる?、命落として何になる?本末転倒も甚だしいと思う。


会社もいい加減しろって言いたいですね。(怒)


自殺する前に転職再就職のことは考えなかったのでしょうか?
うつ病になるとそれすら考えられなくなるんでしょうかね。
転職、再就職にはこのページをおすすめします⇒ 転職、再就職に成功する秘訣とは?



>> なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

海外ドラマコンテンツ
Copyright (C) 2011 仕事・就職・ビジネススキル All Rights Reserved
キャッシングリファレンス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。